SESSIONそれって「自己責任」?

予測不可能な複雑社会を彷徨う自己責任論

セッション概要

「自己責任」。何かと都合良く使われる言葉ですが、コロナ禍では感染者を責め立て、切り捨てる言葉として社会にあふれかえりました。一方で、コロナ禍で感染者に向けられた「自己責任」の矛先は、実は、以前から貧困問題や生活保護受給問題、依存症に苦しむ人に対して、躊躇なく向けられていました。
「たとえ命の危険があったとしても、あなたが選択したことは全てあなたの自己責任」と、片付けることは果たして正しいのでしょうか?ウイルスや災害など、個人の選択の結果を越えた予測不可能な脅威に翻弄される社会で生きる私たちの、「自己責任」の本質を問い直します。

配信期間:2020/12/16 0:00~2021/1/14 23:59
配信時間:60分

スピーカーSPEAKER

  • 荻上チキ

    評論家

    ラジオパーソナリティ

    1981年生まれ、兵庫県出身。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。これまで、複数のウェブメディアの運営に携わり、現在、NPO「ストップいじめ!ナビ」理事長。これまでに毎日新聞・開かれた新聞委員会・委員も担当。著書に『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』など。TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」にて、ギャラクシー賞大賞、ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞の2冠を受賞するなど、ラジオパーソナリティでも活躍中。

    More info
  • 國分 功一郎

    哲学者

    東京大学大学院総合文化研究科准教授

    1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授。主な著書に『中動態の世界─意志と責任の考古学』(医学書院、第16回小林秀雄賞受賞)、『民主主義を直感するために』(晶文社)、『近代政治哲学─自然・主権・行政』(ちくま新書)、『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版、紀伊國屋じんぶん大賞受賞)、『来るべき民主主義─小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』(幻冬舎新書)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『スピノザの方法』(みすず書房)。訳書にジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(岩波書店)、ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)などがある。

    More info
  • 上間 陽子

    琉球大学教育学研究科教授

    1972年、沖縄生まれ。琉球大学教育学研究科教授。
    専攻は教育学、生活指導の観点から主に非行少年少女の問題を研究。1990年代後半から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年たちの調査・支援に携わる。著書に『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち 』(太田出版)、共著に『若者貧困』(明石書店)など。最新作は、初のエッセイ集『海をあげる』(筑摩書房)。

    More info

こんな人におすすめ

  • コロナ禍での「責任の押し付け合い」に違和感を感じた人
  • 都合のいい「自己責任」に、うんざりしている人
  • VUCA時代を生きる中で、自分自身の選択と権利、責任について考え直したい人

RECOMMENDED FOR

share

視聴申込は終了しました。
無料配信のセッションのみ視聴可能。

視聴申込終了

セッションを視聴するには?HOW TO WATCH

  • 視聴方法

    すべてのセッションがオンデマンドで視聴可能!
    無料配信のセッションも

    視聴方法の詳細はこちら

  • 視聴申込

    1セッション300円、
    ひとつのセッションから視聴可能。
    視聴申込はこちら!

    視聴申込はこちら

    e+(イープラス)のサイトへ

お問い合わせContact

  • STARTLINE事務局
    (ホットスタッフ・プロモーション)

    プログラム・視聴チケットに関してはこちら

    03-5720-9999 03-5720-9999

    受付時間:平日12:00〜18:00

  • 日本財団 広報チーム

    報道関係者の方はこちら