speaker

國分 功一郎

こくぶん こういちろう

プロフィールProfile

國分 功一郎こくぶん こういちろう

哲学者
東京大学大学院総合文化研究科准教授

1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授。主な著書に『中動態の世界─意志と責任の考古学』(医学書院、第16回小林秀雄賞受賞)、『民主主義を直感するために』(晶文社)、『近代政治哲学─自然・主権・行政』(ちくま新書)、『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版、紀伊國屋じんぶん大賞受賞)、『来るべき民主主義─小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』(幻冬舎新書)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『スピノザの方法』(みすず書房)。訳書にジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(岩波書店)、ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』(ちくま学芸文庫)などがある。

メッセージMessage

受動でも能動でもない「中動態」の観点から、「自己責任」の問題を議論してみたいと思います。

share

視聴申込は終了しました。
無料配信のセッションのみ視聴可能。

視聴申込終了

セッションを視聴するには?HOW TO WATCH

  • 視聴方法

    すべてのセッションがオンデマンドで視聴可能!
    無料配信のセッションも

    視聴方法の詳細はこちら

  • 視聴申込

    1セッション300円、
    ひとつのセッションから視聴可能。
    視聴申込はこちら!

    視聴申込はこちら

    e+(イープラス)のサイトへ

お問い合わせContact

  • STARTLINE事務局
    (ホットスタッフ・プロモーション)

    プログラム・視聴チケットに関してはこちら

    03-5720-9999 03-5720-9999

    受付時間:平日12:00〜18:00

  • 日本財団 広報チーム

    報道関係者の方はこちら